13. 開会式マスゲームに参加して/ ペンネーム:AMIE☆(ひたちなか市)

ボート

ボートをこいでる様子

昭和49年4月に、那珂市(当時那珂町)内の小学校に転校しました。

那珂市内の小学5年生は開会式のマスゲームに参加するということで、体育の授業は、その練習でした。既に振り付けや立ち位置は出来上がっている状態。右も左もわからない私は先生に言われるままの位置に立ち、周りの同級生の動きを真似しながら演技を練習するという状態でした。大変だったけれど、とっても楽しかった!

本番の日をワクワクしながら迎えました。「オーエス!オーエス!」と、大きな声を出しながらボートを漕ぐ演技が一番印象に残っています。自分なりに精いっぱい、楽しみながら演技をしました。

一緒に演技をした女子高生のお姉さん方がきれいに踊っていたことも印象に残っています。転校前の学校の友人や先生が開会式を見に来て、「よかったよ」と手紙をくれたのも大変嬉しかったです。

今は那珂市を離れましたが、実家に帰ると時々アルバムを取り出し、懐かしく見ます。2019年の茨城国体も、とても楽しみです。

今は、ひたちなか市内の朗読ボランティアに参加し、市報の音訳を中心に活動しています。ほとんどが私より人生の先輩ですが、皆さん、はつらつとしていて、大変刺激を受けています。

霞ヶ浦をイメージ。真ん中にあるのは帆引き船

霞ヶ浦をイメージ。真ん中にあるのは帆引き船

開会式の様子

開会式の様子


昭和49年茨城国体の思い出や体験談などをお持ちの方は,以下のページより情報をお寄せください。