わかやま国体へ向けてVol.1 <ライフル射撃(BP40JW)少年女子>中野愛望選手

笑顔が可愛らしい女子高生の中野さん昨年の長崎国体にも出場し、今年の「2015全国高等学校選抜大会」ではBP40JW(ビームピストル40発競技)で優勝を飾った県立取手第一高等学校3年 中野愛望選手にわかやま国体へむけての抱負などインタビューをしました。

ライフル射撃をはじめたきっかけは、中学3年の夏。高校見学の時に、取手一高のライフル射撃部を体験したのが始まり。取手一高に入学し、希望していたライフル射撃部に入部すると、めきめきと才能を発揮し、2年生の時には長崎国体に出場し、「2015全国高等学校選抜大会」で優勝、そして昨年に続き、わかやま国体に出場と、これからの活躍が楽しみな選手です。

◆趣味や好きなことは?
「絵を描いたり、読書好きなので、インドア派です。」

◆試合前のゲン担ぎはありますか?
「おまじないというか、とりたい点数分のお金をポケットに入れて試合に挑むと、今のところ上手くいってます!」

◆わかやま国体への抱負
「去年の長崎国体では、最後の1発をはずしてしまい、2位という結果で悔しい思いをしたので、今年はリベンジして優勝できるように、頑張ります!」