苦境を乗り越え戦った少年女子ハンドボール (水海道二高ハンドボール部)

DSC01988常総市を中心に被害をもたらした大雨被害。わかやま国体ハンドボール(少年女子)で出場するのは、まさにこの大雨被害のど真ん中にあった「水海道第二高校」でした。全員が水海道二高のハンドボール部員で構成されたチーム。勝ち上がった決勝では、東京という強豪チームに惜しくも22-21で惜敗。そのキャプテンでチームをまとめている杉本さんに話を伺いました。

「今回の大雨被害のため練習する場所も時間も限られてしまったが、たくさんの方たちの協力があって、準優勝までたどり着けました。ただ、やはり練習時間が少なかった。もう少し練習できていれば・・・という思いもあります。自分は試合にはでなかったが、キャプテンとして声だしをしてチームの士気を高めていきました。」

0水海道二高ハンド

ハンドボール(少年女子)に出場した県立水海道第二高校の選手たち

ページ: 1 2