土浦小学校にて相撲体験教室開催(会場地選手強化事業)

10月30日(金)に土浦市立土浦小学校にて、相撲の体験教室が行われました。土浦市では、茨城国体の相撲競技が開催予定となっています。会場地である地元の小学生に相撲に興味をもってもらおうと、会場地選手強化事業の一環として行われました。今回は、土浦小学校の体育館にマット土俵を設置し、茨城県相撲連盟の方をはじめ、東洋大牛久高校相撲部の監督、選手らが指導者として参加。生徒たちを前に技の実演や、相撲部相手に実戦するなど、生徒たちは相撲の魅力を味わい、充実した時間を過ごしました。

開講式

開講式

開講式にてPR

開講式にてPR

生徒は実際にまわしを着用

生徒は実際にまわしを着用

まずはしこふみから

まずはみんなでしこふみ

女の子も実戦!

女の子も実戦!


 

「会場地選手強化事業とは」
会場となる市町村と県内の競技団体が連携し、大会開催や地域スポーツクラブ支援などを通じて、開催競技の普及を図っていく事業。