行方市にて「ビーチハンドボールフェスタ」開催

8月6日(土)/7日(日)に,霞ヶ浦湖畔の水郷筑波国定公園天王崎公園砂浜特設コートにて,「ビーチハンドボールフェスタ」が開催されました。国体のデモスポ競技にある「ビーチハンドボール」は,3年後も行方市の水郷筑波国定公園天王崎公園砂浜特設コートで行われます。

目の前には霞ヶ浦が広がり,遠くに筑波山,牛久大仏が見えました(冬には富士山も見えるそうです)。特設コートの横ではジェットスキーを楽しむ方も多くいました(霞ヶ浦の天王崎では遊泳が認められているそうです)。炎天下の中,地元の中学生や,一般の方,市外からもたくさんの方が参加していました。

行方市にて「ビーチハンドボールフェスタ」開催行方市にて「ビーチハンドボールフェスタ」開催

ビーチハンドボールは,ハンドボールよりも狭いコートで,4対4(GKを含む)で行われます。スカイプレー(空中でパスを受けそのまま空中でシュート)やピルエット(ジャンプし横に一回転してからシュート)やGKのシュートには2点が与えられるので,多くの選手が挑戦していました。

またボールも普通のハンドボールではなく,ゴム製のボールが使用されます。今回はじめてビーチハンドボールに参加した,稲葉彩美さん(水海道二高卒業,国体・インターハイ出場)は「コートがせまいので,攻守の切り替えが速い。攻撃する回数も多くて楽しい。」と話していました。

今月末にも,同じ会場でビーチハンドボールの大会が行われますので,ぜひ足を運んでみてください。

試合中の様子

試合中の様子

試合中の様子

参加した麻生中学校の皆さん

参加した麻生中学校の皆さん

行方市にて「ビーチハンドボールフェスタ」開催