★自転車競技(チームパーシュート/1kmタイム・トライアル)(成年男子)【新村 穣選手】

dsc0661810月5日~8日に行われる岩手国体の自転車競技に出場する新村穣(しんむら みのり)選手(茨城県スポーツ専門員)に取材を行いました。新村選手は,中学生まではテニスや水泳などいろいろなスポーツに取り組んでいたそうです。

■自転車競技はどういったきっかけで始めたのですか。
・神奈川県の保土ヶ谷に住んでいたのですが,弟と一緒に江の島方面にサイクリングに行き,自転車に乗ることの楽しさを覚えました。自転車でどんなにスピードを出してもよい自転車競技をやろう思い,自転車部のある高校への進学を決めました。

■自転車部に入ってからの成績はどうでしたか。
・高校ではあまりよい成績を残せませんでしたが,法政大学の3,4年生の時に,インカレで日本一になることができました。

■岩手国体に向けての意気込みをお願いします。
・1kmトライアルでは自己ベストが1分4秒台で,愛媛国体リハーサル大会では2位だったので,ぜひとも岩手では優勝したいと思います。

新村選手の岩手での活躍を期待しています。優勝目指してがんばってください。