28. ラグビーフットボールに参加して(一般男子キャプテン)/尾又 篤さん(日立市)

%e4%b8%80%e8%88%ac前回国体にラグビーフットボールのキャプテンとして参加していた尾又篤さんにお話をうかがいました。

私は当時,ポパイクラブというチームに所属しながら,日立製作所の練習にも参加していました。国体開催2年位前から強化合宿が始まり,教員チームとはよく練習試合を行いました。当時の教員チームは水戸農高を卒業し,日本体育大学,そして教員になる人が多く,とても強いチームでした。(教員チームは49年国体で優勝しました)また,千葉県習志野市にある自衛隊で合宿を行いました。毎朝6時に起床のラッパが鳴っていたのを覚えています。合宿や練習は厳しかったのですが,チームを引っ張るキャプテンとして「やるしかない」という覚悟で乗り越えていました。しかし,国体本番では,1回戦で北海道に敗退し,県の代表として参加したのに本当に悔しい思いをしました。

尾又さんはその後も,県の強化委員長や監督を務め,ラグビー協会の役員としても茨城県のラグビーにかかわってきたそうです。最後に,平成31年の国体に向けて「チーム(選手・監督・県・協会)のまとまりが大切である」と熱く語ってくれました。


昭和49年茨城国体の思い出や体験談などをお持ちの方は,以下のページより情報をお寄せください。