平成29年度インターハイなど優勝選手が教育長を訪問

9月11日(月曜日)にインターハイヨット競技男子420級,女子FJ級並びに全国高等学校女子ウエイトリフティング競技選手権大会で優勝した選手が、小野寺教育長を訪問しました。

ヨット競技男子420級の蜂須賀晋之介選手は「キャプテンになり,チーム力をテーマに様々な課題に取り組んできた。その結果が出せてよかったと思う。また,先生やOB,関係者の方々の支援にとても感謝している」,女子FJ級の鈴木せいら選手は「卒業した先輩方が優勝している大会なので,私たちが負けるわけにはいかないと思ってがんばった。満足のいく結果が出せてうれしい。支えてくれた皆さんに感謝している」,ウエイトリフティング53㎏級の山口千尋選手は,「多くの方々に応援していただきとても感謝している。優勝できてよかった」とそれぞれに優勝の喜びを語りました。また選手達は「今後も競技を続け,新たな目標に向かって一生懸命頑張っていきたい」と今後の意気込みを語りました。

小野寺教育長は「まずは今年の愛媛国体での活躍を楽しみにしている。そして2年後の茨城国体では,天皇杯獲得への原動力として,また,東京オリンピックでは世界を相手に戦える選手としてこれからも頑張ってください」と選手たちの今後の活躍にエールを送りました。

選手の今後ますますの活躍を期待しています。

29年度全国高校女子選手権大会53㎏級優勝

ウエイトリフティング 山口 千尋 石岡第一高等学校
29年度インターハイ優勝 ヨット(420級) 蜂須賀 晋之介
狩野 弁慶
野口 柳太
岩村 直弥
霞ヶ浦高等学校
29年度インターハイ優勝
(2年ぶり2度目)
ヨット(FJ級) 鈴木せいら
蓮 千鶴