第17回全国障害者スポーツ大会 茨城県選手団結団式が行われました

平成29年10月17日(火),茨城県庁で行われた,「第17回全国障害者スポーツ大会(愛顔つなぐえひめ大会)」の茨城県選手団結団式において,選手からいただいたコメントを紹介します。選手団は,10月26日(木)に愛媛県へ出発し,28日(土)~30日(月)の3日間,同大会に参加します。茨城県代表として,頑張ってください!

結団式の詳細はこちらよりご覧ください。(茨城県公式HP「県障害者スポーツ大会について」のページに移動します)



陸上競技 男子100m(第1種目)・ソフトボール投(第2種目)/上野 真稔選手(県立水戸特別支援学校)    

選手宣誓を立派に行った上野選手から,「自己ベストを目指すことが目標。初めての全国大会で緊張もあるが,自分自身の練習の成果を発揮できるように頑張りたいです。」と意気込みを語ってくれました。


女子 一般卓球/前田 節代選手

「娘の卓球大会の応援や,『卓球は片手でもできる』という娘からのアドバイスがあり,卓球を始めた。試合に出て勝つ楽しみを感じ,友人も増えた。全国大会への出場は初めて。日頃の練習の成果を発揮し,良い結果が出るように頑張りたい。」


 

フライングディスク競技 アキュラシー ディスリート・セブン(第1種目) ディスタンス メンズ・スタンディング(第2種目)/堀越 弘選手)

「全国大会への出場は初めて。今までの集大成として,自己のベストを目指します。」