第72回国民体育大会茨城県選手団の解団式・表彰式が行われました

剣道競技の西野選手より角田会長へ、さらに小野寺副知事へ団旗が返還された

11月8日(水)、水戸市のホテルレイクビューにて、第72回国民体育大会(えひめ国体)茨城県選手団の解団式と表彰式が行われました。藤田総監督からは大会報告として「今まで入賞できなかった競技の入賞や、少年種目の活躍、入賞数も昨年よりも増えている。競技力の向上はしているが、入賞をわけた大事な一戦で勝てることが大事。」と2年後の茨城国体へむけてさらなる選手強化が必要だと話していました。


表彰式では、入賞した個人、団体、競技団体の選手に「国民体育大会賞」、入賞した選手が所属する企業・団体・クラブには「感謝状」が授与されました。

セーリング競技で1位を獲得した蜂須賀選手(霞ヶ浦高校)

受賞者を代表して、セーリング競技の伊勢崎監督によるあいさつ