茨城国体強化指定証授与式が行われました

4月12日(金)に,ザ・ヒロサワ・シティ会館(茨城県立県民文化センター)大ホールにて,活躍が期待される有望選手や優秀な指導者,強化の中核となる団体に,指定証の授与式が行われました。今年は国体開催年ということもあり,式の前には特別応援演奏として,全国で活躍している県立大洗高校マーチングバンド部「BLUE-HAWKS」による演奏もあり,選手に向けてエールを送りました。また,茨城県競技力向上対策本部長 小野寺 俊(副知事)からは,「来月には県内各地でデモンストレーションスポーツの大会も始まり,いよいよ国体開催ムードも高まってきます。冬季国体では,素晴らしい成績を残してくれたので,これを弾みに,天皇杯・皇后杯獲得に向けて,チームいばらき一丸となって勝ち進んでいただきたい。」と激励の言葉がありました。

大洗高校マーチングバンド部「BLUE-HAWKS」

競技力向上対策本部長 小野寺 俊(副知事)

強化指定証授与

各競技の代表選手が指定証を授与しました。

体操競技:宮地 秀亨(エリートアスリート強化指定選手)

スポーツクライミング競技:森 秋彩(ジュニアエリートアスリート強化指定選手)

水球競技:坂上 千明(トップチーム強化指定団体)

セーリング競技:青木 武斗(ジュニアトップチーム強化指定団体)

剣道競技:塚本 浩一(強化コーチ)

選手代表決意表明

体操競技:山室 光史選手(成年の部)

弓道競技:紙田 梨華子選手(少年の部)

最後には,健闘を祈り,レスリング競技の出頭選手の音頭で,みんなで勝ち鬨を上げました。

特別講演

シドニーオリンピック金メダリストで,全日本柔道男子監督「井上 康生」氏による特別講演。