茨城県選手団 結団式開催

26年ぶりにリニューアルした新ユニフォームを着用した選手たち

水戸市にあるアダストリアみとアリーナにて,第74回国民体育大会茨城県選手団の結団式と壮行会が行われました。選手たちは,新ユニフォームを着用し,総勢670名の選手たちが参加しました。


結団式

結団式では,茨城県選手団の呼名があり,大井川知事より中山由起枝選手(クレー射撃)に団旗が授与されました。団長の大井川知事からは,「県民の期待を背負っているので,最後まで諦めずに勝ちにこだわってほしい。そして,心を一つにして天皇杯・皇后杯を獲得し,全国のみなさんに,茨城の力を見せてやりましょう!」というあいさつがありました。

中山由起枝選手(クレー射撃)と大井川知事

団長の大井川知事によるあいさつ

少年団より選手たちへ千羽鶴の贈呈が行われました

染谷真有美選手(空手)による選手宣誓

休憩中には,競技団体関係者による監督や選手への激励もありました

壮行会

オープニングには,県立水戸工業高校ジャズバンド部「Blue Beginners」によるジャズの演奏でスタート。応援ビデオでは,冬季国体で優勝した選手や,かつて国体に出場したプロゴルファーの畑岡奈紗さん,式典に出演する児童生徒より,応援のメッセージが流れました。その後は,明秀日立高校のダンス部「ブルーフェアリーズ」による応援ダンスや県立下妻第一高校の応援団によるエールが送られました。最後には全員で勝ち鬨を上げ,いよいよ始まる茨城国体へ向け,気合いをいれました。

明秀日立高校のダンス部ブルーフェアリーズ

県立下妻第一高校の応援団

  • LINEで送る