51.2回目の心わくわく国体へ/(ペンネーム)小川のにゃんまげ(小美玉市)

私は前回茨城国体が開催された時は地元の高校で放送部に所属していました。幸いなことに聖火ランナーと地元の体育館がレスリング会場になっていたので、放送のお手伝いをさせていただきました。慣れないレスリング用語を伝える練習を放送部員で何度も繰り返し練習しました。各県の選手の方々と写真取っていただいたり、帽子をいただいたりと楽しい思い出がたくさんできました。

近況や現在のご活躍の状況

2度目の国体では、10月から行われるゆめ大会10月6日に行われる卓球バレーのボランティアをさせていただきます。何年も前からのスタッフの皆さんの奮闘努力をみていました。取手グリーンスポーツセンターで約600名の選手の皆さん、応援の皆さんそしてスタッフが集まります。怪我のないよう、楽しい大会となるよう微力ですがお手伝いさせていただきます。他の会場の皆さん盛り上げましょうね!


昭和49年茨城国体の思い出や体験談などをお持ちの方は,以下のページより情報をお寄せください。