いきいき茨城ゆめ国体 総合閉会式

10月8日(火)に,笠松運動公園陸上競技場にて,総合閉会式が行われました。茨城県民みなさんの声援のおかげもあり,茨城県選手団は見事,天皇杯・皇后杯ともに1位を獲得することができ,11日間の熱い戦いが幕を閉じました。

オープニングプログラム

筑波山ガマ口上保存会

いばらき舞祭ネットワークによるダンスの披露

 

大会競技デモンストレーション

フライングディスク茨城県代表選手によるデモンストレーション

車いすバスケットボール茨城県代表選手によるデモンストレーション

各都道府県選手団入場

 

茨城県選手団

成績発表

男女総合成績の表彰状を受け取る茨城県選手団 吉田有希選手(自転車競技 少年男子1kmタイムトライアル 優勝)

女子総合成績の表彰状を受け取る茨城県選手団 川上厚子選手(剣道成年女子 優勝)

眞子内親王殿下より,天皇杯は,関 直也選手(サッカー成年男子 優勝)・皇后杯は,安島千晶選手(ウエイトリフティング成年女子-55kg級 優勝)に,それぞれ授与されました。

炬火分火・納火

体操競技(成年男子)山室光史選手とライフル射撃(成年女子)山田優子選手より,障害者スポーツ大会出場選手のサッカー(知)櫻井 嵩比都(たかひと)選手とバレー(知)櫻井 由梨選手に炬火が引き継がれました。
 

選手退場

退場する選手たちを,茨城県選手団と都道府県応援団たちが大きな拍手と声援で見送りました

番外編

陸上競技場内は,茨城県立取手松陽高等学校 美術部作成による各県の県花を描いた横断幕が装飾され,会場内は華やかに彩られていました。この後に開催予定だったいきいき茨城ゆめ大会(全国障害者スポーツ大会)の開会式では,47都道府県に加え,20の政令指定都市の花の横断幕も披露する予定でした。取手松陽美術部のみなさん,ありがとうございました。

 

  • LINEで送る