第4回つくばみらい市長杯アームレスリング大会

「アームレスリング」デモンストレーションスポーツ関連大会開催!

2018年5月20日(日),つくばみらい市のきらくやまふれあいの丘世代ふれあいの館において,第4回つくばみらい市長杯アームレスリング大会が行われました。

アームレスリングは,パワー・テクニック・タイミングの3要素に加え,精神力も必要とします。そして,非常に競技性が高く,奥の深い,魅力的なスポーツです。また,卓上の格闘技とも呼ばれ,国内外の大会でルールが規定されています。

きらくやまふれあいの丘

競技の様子

今大会の最年少出場者は16歳で,延べ58が出場しました。また,共催で行われていた東日本アームレスリング選手権大会に,延べ74名が出場し,会場は鍛え上げられた多くの男性で埋まっていました。「ドントムーブ。ゴー」の掛け声で試合が始まると,屈強な体の選手同士が,腕力だけでなく,戦術を駆使することで,白熱した闘いが繰り広げられました。激しい戦いの後には,握手をすることで,互いの健闘を称えあっていました。

力と力の闘い

表彰式

いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツのアームレスリングは,2019年5月19日(日)同会場において,個人戦,団体戦(小中学生のみ)の開催を予定しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る