第22回鬼怒川流域交流Eボート大会

 

「Eボート」デモンストレーションスポーツ関連大会開催!

2018年5月20日(日),下妻市の鬼怒川大形橋上流左岸において,第22回鬼怒川流域交流Eボート大会が行われました。Eボートは,10人乗りの手漕ぎボートで,誰でも(EVERYBODY),簡単に(EASY),楽しむ(ENJOY)ことができます。150mUターン方式のタイムトライアルレースは,最速タイムを出すために,直線ではスピードを活かし,Uターン時はコーナリングテクニックを駆使して展開されます。

鬼怒川大形橋上流左岸

レース後の笑顔

今大会は,一般の部31チーム,小学生の部9チームの出場があり,同会場で行われていた「花とふれあい祭り」の来場者と併せて,大勢の人で賑わっていました。午前中は,強風の影響を大きく受けてしまい,苦戦を強いられるチームがありました。しかし,午後になると風が弱まり,全員で息をそろえてボートを漕ぎ,好タイムを出すチームが増えました。大会の最後には,予選を勝ち抜いた4チームで決勝を行い,熱戦が繰り広げられました。

競技の様子

小学生の部優勝

いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツのEボートは,2019年5月19日(日)同会場において,2種別(一般の部,小学生の部)の開催を予定しています。デモスポは,県内23市町村で31競技が行われます。競技経験がなくても参加できる競技もありますので,多くの県民の皆様のご参加をお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る