2018少林寺拳法茨城県大会兼全国大会予選会

「少林寺拳法」デモンストレーションスポーツ開催記念大会開催!

2018年5月27日(日),古河市中央運動公園総合体育館において,いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツ(以下,デモスポという)開催記念2018少林寺拳法茨城県大会兼全国大会予選会が行われました。

古河市中央運動公園総合体育館

演武前

少林寺拳法は,護身の技術であり,突きや蹴りで対処する「剛法」と抜きや逆技で対処する「柔法」とがあります。また,体力や力に頼ることなく,合理的に相手を制することができるという特徴があります。

演武の様子

県知事賞受賞

今大会は,小学校低学年の子供から大人まで延べ726人の拳士が出場しました。競技が始まると,多くの観客からの後押しを受けた拳士達は気合の入った声を発しながら力強い演武を行い,会場は熱気に包まれていました。競技の結果,親子の部第1位に輝いた山田さん親子に県知事賞として,賞状と副賞のいばラッキーのぬいぐるみが授与されました。

いきいき茨城ゆめ国体デモスポ少林寺拳法は,2019年9月8日(日)同会場において,5種別(組演武の部,単独演武の部,団体演武の部,運用法の部,弁論の部)の開催を予定しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る