バウンドテニス デモンストレーションスポーツ開催記念大会開催!

2018年10月14日(日),つくばみらい市総合運動公園体育館において,いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツ(以下,デモスポという)開催記念バウンドテニスプレ大会が行われました。

バウンドテニスは,幅3m,長さ10mの長方形の人工芝コートを体育館の床に設置して,競技を行います。バウンドテニスには,ラリーの数を競うBTラリー戦,年齢別ダブルス団体戦,競技性豊かなシングルス戦があります。特にBTラリー戦は,バウンドテニス独特の競技方法であり,できるだけ相手に打ちやすいボールを出し,1分間に何回ラリーが続くかを競い合います。

つくばみらい市総合運動公園体育館

競技の様子



今大会は,県内から106人の方が集まり,シングルス戦,BTラリー戦,団体ダブルス戦の3部門が開催されました。シングルス戦及びダブルス戦では,ゆっくりした打ち合いから一気に激しいラリーに変わり,迫力のある試合が展開されていました。一方で,BTラリー戦が始まると会場の雰囲気は一転して和やかな雰囲気となり,どのチームもたくさんのラリーが続くのを楽しみ,ボールがつながるたびに参加者の笑みがこぼれていました。競技の結果,男子シングルス優勝の宮川さんと女子シングルス優勝の藤原さんに県知事賞が授与されました。

競技の様子

閉会式の様子



 いきいき茨城ゆめ国体デモスポの「バウンドテニス」は,2019年10月5日(土)に同会場で5種別(BTラリー戦,団体ダブルスフリーの部,団体ダブルスシニアの部,シングルス男子の部,シングルス女子の部)の開催を予定しています。

デモスポは,県内23市町村で31競技が行われます。競技経験がなくても参加できる競技もありますので,多くの県民の皆様のご参加をお待ちしております。

  • LINEで送る