ダンススポーツ デモンストレーションスポーツ開催記念大会開催!

2018年10月21日(日),取手グリーンスポーツセンター第1体育室において,いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツ(以下,デモスポという)開催記念第34回茨城県南ダンススポーツ競技大会が行われました。

ダンススポーツは,子供から高齢者まで誰もが参加できる生涯スポーツであり,音楽やリズムに合わせて踊り,スタンダードとラテン各5種目によって競われます。
ダンスを楽しまれている方は健康的であるという研究結果が報告されたり,ダンスを楽しみながら若さを保てたりできることから,近年ではダンス愛好者が増加してきています。

取手グリーンスポーツセンター第1体育室

競技の様子


今大会では,スタンダード部門,ラテン部門の2部門が,出場選手の資格に応じた19クラスに分けて開催され,全出場ペア数は延べ400を超えました。
大会会場となったダンスフロアには,艶やかなドレスを身にまとった女性とタキシードを着飾った男性で埋め尽くされていました。競技会が始まると,音楽がゆっくりとしたリズムの時はスローステップで,テンポの速い時は激しいステップで踊り,ペアで息を合わせて,華麗なダンスを披露していました。競技の結果,全国・関東大会派遣選考会の茨城県代表に選ばれた,平沢ペア(ラテン)及び西脇ペア(スタンダード)に県知事賞が授与されました。

県知事賞(ラテン)

県知事賞(スタンダード)



いきいき茨城ゆめ国体デモスポのダンススポーツは,2019年9月22日(日)に同会場で16種別の開催を予定しています。

デモスポは,県内23市町村で31競技が行われます。競技経験がなくても参加できる競技もありますので,多くの県民の皆様のご参加をお待ちしております。

  • LINEで送る