スポーツ鬼ごっこデモンストレーションスポーツ開催記念大会開催!

2018年10月7日(日),つくばカピオにおいて,いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツ(以下,デモスポという)開催記念つくば市スポーツ鬼ごっこ大会が行われました。

スポーツ鬼ごっこは,ゲーム性を高めるために,遊びの「鬼ごっこ」にルールを規定した新しいスポーツです。対戦する2チームの攻撃と守備が同時に行われるのが特徴です。定められた時間内に,自陣の宝を守りつつ,相手の陣地の宝を先に獲得した回数を競います。一つの宝を手にするためには,仲間との信頼関係が必要となってきます。スポーツ鬼ごっこを通して,仲間との絆が強まり,誰でも楽しむことができます。

開会式

競技の様子

今大会は,U―9,U―12,シニアの3部門で開催され,3部門合わせて26チーム,300人を超える選手が出場しました。スポーツ鬼ごっこは,子供の頃に誰もがやったことがある「鬼ごっこ」とは異なり,多くの一対一の駆け引きの場面やチームとしての戦術があるなど,競技性が高いものでした。試合が始まると,闇雲に走り回るのではなく,相手を引き付け,宝へのコースを作り,そのスペースに味方が走りこんで宝を獲得するなど,チームプレーを駆使して戦っていました。
競技の結果,U-9の部の優勝チーム桜ブレイズ9とU-12の部優勝チームのつくばLIGAREボルツに県知事賞が授与されました。

県知事賞受賞チーム

県知事賞受賞チーム

いきいき茨城ゆめ国体デモスポのスポーツ鬼ごっこは,2019年10月6日(日)に同会場で3種別(U-9の部,U-12の部,シニアの部)の開催を予定しています。
デモスポは,県内23市町村で31競技が行われます。競技経験がなくても参加できる競技もありますので,多くの県民の皆様のご参加をお待ちしております。

  • LINEで送る