トレイルラン デモンストレーションスポーツ開催記念大会開催!

2018年8月26日(日),石岡市役所八郷総合支所周辺山岳コースにおいて,いきいき茨城ゆめ国体デモンストレーションスポーツ(以下,デモスポという)開催記念第5回筑波連山天空ロード&トレイルランinいしおか大会が行われました。
トレイルランは,森や山中,自然公園などの未舗装の道を走るスポーツです。通常のマラソン大会では感じることのできない土の匂い,森の香り,自然の中に身を置く中での疾走感を味わえます。土の窪みや張り出した木などの障害物が,いつものランニングと違う刺激を与えてくれます。競技方法は,定められた山岳コースのタイムレース方式となっています。
今大会は,ロング(75km)コース,ミドル(48km)コース,ショート(25km)コースの3種別で行われました。早朝5時にスタートしたレースは,日中の気温が35度を超え,ランナーたちを苦しめました。しかし,日頃から鍛えているランナーは,照り付ける強い日差しをうけながら,舗装されていない山道や林道を駆け抜け,多くのランナーが見事に完走することができました。

筑波連山天空ロード


競技の様子


感動のゴール

競技の結果,ロングコース男子の部で第1位になった西原さんに県知事賞が授与されました。

ロングの部男子上位入賞者

県知事賞受賞

いきいき茨城ゆめ国体デモスポのトレイルランは,2019年9月15日(日)に朝日里山学校周辺山岳コースで3種別{ロング(25km)の部,ミドル(17km)の部,ショート(9km)の部の開催を予定しています。
デモスポは,県内23市町村で31競技が行われます。競技経験がなくても参加できる競技もありますので,多くの県民の皆様のご参加をお待ちしております。

  • LINEで送る