第23回ジャパンオープントーナメント・茨城国体リハーサル大会

大会の概要・歴史

1996年より国民体育大会のリハーサル大会として毎年8月に開催されています。日本ハンドボールリーグ(JHL)に所属しない社会人チーム(一般A)を対象として、各ブロック予選を勝ち抜いたまたは推薦を受けたチームに開催地代表を加えた男子32、女子16チームが参加。ノックアウトトーナメントで優勝を争います。なお、上位チームには、全日本ハンドボール選手権大会への出場権が与えられます。

大会の内容・見どころ

現在、6月下旬にブロック大会が行われて、各ブロックの代表チームが決定し7月1日に抽選会が行われました。男子の部では、HC和歌山が2015年度より大会3連覇中、また、女子の部では、香川銀行T・Hが2007年度より11連覇中で、23回大会もこの2チームを中心に熱戦が繰り広げられるものと予想されます。

茨城県チーム・選手の紹介や活躍予想

県内からは関東ブロックの代表として『水海道鬼怒清流クラブJr.(男子)』、『茨城鬼怒girls(女子)』『土浦三高クラブ(男子)』、『筑波学園クラブ(女子)』の4チームが出場。地元常総市の2チームが出場することもあり大会の盛り上がりが期待されます。

試合トーナメント表

おもてなし

3市合同開催により各会場にてそれぞれ地元の特色を活かしたおもてなしの準備をすすめています。守谷市会場では蕎麦、常総市会場ではところてん、坂東市ではトウモロコシなどのふるまい郷土料理をはじめ、無料ドリンクコーナーなどで選手や指導者・一般の観客の方々をお迎えします。

  • LINEで送る