第73回国民体育大会関東ブロック大会 第49回関東空手道選手権大会

大会の概要・歴史

空手道競技には『組手』と『形』の二つがあります。組手の見どころは何と言っても突き・蹴りを駆使してポイントを取り合うという部分です。現在は攻防の技術が高度化していて、一瞬の駆け引きで勝敗が決まり、一瞬も目が離せないほどです。形の見どころはその人の鍛錬度と習熟度が如実に出ます。優れた演技は、一つ一つの技の正確さ、スピード、力強さが見る者に感動すら与えられるものです。見ている人に何か訴えるものがあります。

大会の内容・見どころ

成年女子組手に出場の「染谷真有美選手」は、現在全日本強化指定選手でもあり優勝候補です。

茨城県チーム・選手の紹介や活躍予想

茨城県からは以下の選手が出場します。

男子組手:湯原辰光選手、圷正登選手、佐原昌悟選手、藤原丈士選手、染谷隆嘉選手、幸保凛選手、福田裕樹選手、大槻朋也選手
男子形:村田望留選手、藤沼航輝選手
男子団体組手:湯原辰光選手、圷正登選手、佐原昌悟選手、藤原丈士選手、染谷隆嘉選手、幸保凛選手、福田裕樹選手
男子団体形:大槻維也選手、大槻朋也選手、岩渕拓未選手
女子組手:小森聖奈選手、中山朋佳選手、染谷真有美選手、佐藤早和子選手
女子形:遠藤千夏選手
女子団体組手:小森聖奈選手、中山朋佳選手、染谷真有美選手、佐藤早和子選手
女子団体形:北條友希絵選手、伊藤さぎり選手、益子真弥選手
少年男子組手:川崎晃太郎選手、上野悠太選手
少年男子形:戸坂隼人選手、赤坂風太選手
少年女子組手:篠原鈴乃選手、吉沼果恋選手
少年女子形:北條友希絵選手、田原日愛選手

監督は茨城県空手道連盟強化委員長の益田史朗氏が勤め、上位入賞が期待されます。

  • LINEで送る