第70回全日本総合女子ソフトボール選手権大会

大会の概要・歴史

日本のソフトボールの中で最も歴史と伝統があり,権威のある大会です。大学・実業団・クラブ等の各都道府県予選・地区予選を勝ち抜いた32チームが参加し,日本一の座をかけて激突します。昨年,福井県で開催された第69回大会優勝のトヨタ自動車や,準優勝の豊田自動織機の選手を含む,830名の選手・監督が当市で3日間に渡って熱戦を繰り広げます。

大会の内容・見どころ

女子ソフトボール競技は2020年東京オリンピックの種目として追加決定され,北京五輪以来3大会ぶりの復活ということもあって,競技全体の熱気も高まっています。また,2018年8月には世界女子ソフトボール選手権が行われ,日本代表選手が活躍しています。第70回全日本総合女子ソフトボール選手権大会にはその日本代表選手達も各所属チームで参加することから全試合見逃せない大会となります。

茨城県チーム・選手の紹介や活躍予想

茨城国体に向けた強化チームとして2017年にクラブチームが発足、2018年度から大会参加が始まりました。メンバーは、高校、大学で活躍し全国大会にも出場経験を持った14名(県内出身は10名)で構成。土、日、祝日を中心に、ひたちなか市、常陸太田市、笠間市で練習を行い、全国クラブ選手権大会には初エントリーながら出場権を得て参加、第70回全日本総合女子ソフトボール選手権大会(いきいき茨城ゆめ国体ソフトボール競技リハーサル大会)に向けて努力しています。
[チームコメント]
総合選手権の出場権を得られたチャンスを今後のチームの財産にして国体に活かしていきたい。

おもてなし

常陸太田市では約60軒のぶどう生産者が年間約230トンの巨峰を生産する県内でも有数のぶどう生産地となっています。また,梨は生産が始まってから100年を越え,カルシウム・ミネラルを多く含んだ肥沃な土地で生産される梨は酸味が少なく糖度が高いのが特徴です。両会場のおもてなしブースでは巨峰と梨の試食をご用意しております。

大会の結果

初日から雨に見舞われ途中中断し,一部の試合を除いて,翌日2日目からの再開となった。(雨天順延のため,予備日18日まで開催)更には最終日の表彰式・閉会式においても雨となり,チームテント内(ダッグアウト内)での表彰となった。試合結果はビックカメラ高崎BEE QUEENが見事2年振り17回目の栄冠を手にし,決勝戦で敗れた戸田中央総合病院Medicsが準優勝となった。
第70回全日本総合女子ソフトボール選手権大会 試合結果

茨城県選手の結果

試合結果

  • LINEで送る