内閣総理大臣杯文部科学大臣杯第47回全国都道府県対抗ボウリング選手権大会

大会の概要・歴史

第1回大会は昭和47年に東京で行われました。ボウリングブームを巻き起こし、バブル崩壊、昭和から平成へ、様々な時代の変化とともに歩んできた全国都道府県対抗ボウリング選手権大会は今年で47回目を迎えます。数々のプロボウラーを排出してきた大会であり、平成最後の大会でもあります。都道府県を背負う選手たちの熱い戦いが取手市で繰り広げられます。

大会の内容・見どころ

今大会出場予定で直近の大会で活躍している選手
第46回大会 男子選手権 第1位 斉藤 翼 選手(茨城県)
             第2位 和田 翔吾 選手(和歌山県)
       女子選手権 第2位 鈴木 波流 選手(静岡県)
第44回大会 女子選手権 第1位 泉宗 心音 選手(愛媛県)
             第2位 吉田 愛 選手(現:茨城県)※当時は東京都代表

茨城県チーム・選手の紹介や活躍予想

昨年、スポーツプラザwave40(福井市)で行われた第46回大会では、男子選手権で 斉藤 翼 (さいとう つばさ)選手が優勝を勝ち取っています。新戦力を揃えた今大会の茨城県勢の活躍が大きく期待されています。

おもてなし

ふるまいを11月2日(金)から4日(日)の3日間毎日限定200食でとりで銘菓を配布します。そのほか、応援のぼり旗や花いっぱい運動で会場を装飾します。選手のIDカードには工夫を凝らしていますので、選手の皆様はお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る