第59回都道府県対抗なぎなた大会

大会の概要・歴史

今年で59回目を数える伝統ある大会となる。国体開催の前年度に,国体の競技別リハーサル大会という位置づけで毎年各都道府県持ち回りで開催されている。成年女子のみで行われる大会で,二人一組で指定された形を行う「演技競技」と,防具を身に着けて定められた部位を確実に早く打突して勝負を競う「試合競技」の2種目が実施される。試合競技では,5人制の団体戦が行われます。

大会の内容・見どころ

第58回大会では,演技競技で東京都が,試合競技では大阪府が優勝しており有力と思われるが,来年開催予定の茨城県についても,選手の強化に力を入れており,上位進出を目指している。また,なぎなた競技では,姉妹や親子で出場している県も多く,幅広い年齢層の方が楽しめます。

茨城県チーム・選手の紹介や活躍予想

地元開催ということで,茨城県選手団も強化練習に励み,演技競技,試合競技ともに上位進出を目指し取り組んでいる。茨城県チームも昨年10月に行われた愛媛国体では,成年女子演技の部でベスト16まで進出しており,上位進出に期待が持てます。

おもてなし

大会会場内の休憩所では,地元食材をふんだんに使用した常陸大宮市の郷土料理となるけんちん汁を無料でふるまう他,ドリンクサービスコーナーを設置し,無料でスポーツドリンク,お茶などの飲み物を提供する予定となっています。

大会の結果

全47都道府県参加のもと行われる予定だったが,演技競技4チーム(滋賀県,富山県,高知県,長崎県)試合競技では5チーム(滋賀県,富山県,高知県,徳島県,山口県)が棄権となり,それぞれ行われた。棄権チームもあった関係で,予定時刻よりも進行は早く進んだ。演技競技では,昨年に引き続き東京都が,試合競技では,茨城県代表と1回戦で対戦し勝利した島根県が,それぞれ優勝した。

茨城県選手の結果

演技競技 ベスト16(3回戦敗退)(判定2-3)
試合競技 1回戦敗退(判定0-5)

大会結果(PDF)

開会式

演技競技

試合競技

公開演技(異種試合)

閉会式

いばラッキーも応援にいきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る