第73回国民体育大会関東ブロック大会(バレーボール)

大会の概要・歴史

各都県の厳しい予選を勝ち抜いた代表チームが,福井県で開催される第73回国民体育大会の関東ブロック代表としての出場権をかけて戦います。関東ブロックを制するものは全国を制するとも言われており,ハイレベルな戦いが予想され,観客の皆さんを感動に導き会場を大いに盛り上げてくれるでしょう。

大会の内容・見どころ

成年種別はトーナメント方式で上位3位までの切符をかけて戦います。2017年は男女ともに本戦に進んだので,2年連続出場を目指し今年も戦います。
少年種別は,各県代表8チームがダブルイリミネーション方式のトーナメント戦で戦い,2勝した4チームが本大会へ出場します。開催県が勝ち抜くことも多いため,今年は地元の皆さんで応援して,本大会出場へ導きましょう。

茨城県チーム・選手の紹介や活躍予想

成年男子は筑波大のチームで挑みます。今大会初出場となり戦力は未知数です。成年女子は日立リヴァーレのチームで挑みます。新戦力の加入があり安定した力を発揮するでしょう。
少年男子は強化指定校の霞ヶ浦高校・土浦日大の選手を中心とした選抜チームで,2年ぶりの出場に挑みます。少年女子は6月の県予選会を優勝した大成女子高校の選手を中心に茨城国体に向け強化している選手で構成された選抜チームで,2011年山口国体以来7年ぶりの出場を目指します! 地の利を活かし,全種別本大会出場を目指します。

大会の結果

平成30年8月25日・26日に,いきいき茨城ゆめ国体バレーボール競技のリハーサル大会となる『第73回国民体育大会関東ブロック大会バレーボール競技』が開催されました。
ひたちなか市では,ひたちなか市総合運動公園総合体育館において,成年男子・成年女子・少年男子の3種別が,結城市では少年女子の1種別が開催され,両会場合わせ384人の選手と3,000人以上の観客が来場し,会場は大いに盛り上がりました。

茨城県選手の結果

高等学校の磯前 太一選手(平磯中学校卒)と勝田工業高等学校の外岡 隼選手(那珂湊中学校卒)が茨城選抜選手として出場し,勝利に貢献しました。成年女子の部では,地元企業チームである日立リヴァーレが茨城代表として出場し2連勝,両チームともに福井国体への出場権を獲得しました。成年男子は,1回戦で山梨に勝利しましたが,出場チーム決定戦で敗退しました。結城市のかなくぼ総合体育館で開催された試合では,少年女子の茨城県代表が初日の1回戦で山梨県と対戦しフルセットの末に敗れ,2日目の敗者復活では千葉県と対戦し惜しくも敗れ,本戦への切符を逃しました。

バレー スパイクを打ち込む茨城県代表チーム(日立リヴァーレ)の選手

バレー 茨城県代表チーム(少年女子)

バレー 観客席の様子

バレー 成年男女開始式の様子

バレー 通過証授与式の様子

バレー 無料ドリンクコーナーでのドリンク配布の様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る